ブーツを買取業者へ|エコにも繋がる手段で気分晴れやかに

男の人

ルビーの産地

宝石

不純物が無い

宝石といえばダイヤモンド、サファイア、ターコイズなどがあります。その中で赤く綺麗な色をしているのがルビーです。以外にもルビーとサファイアは似たようなもので、どちらともアルミニウムの石なのです。コランダムという鉱物の中の一つで、不純物がないものがとても良いものだと思われますが、全く不純物がないと宝石としては使い物にはならないのです。なぜかというと、不純物があることでルビーは赤色になったり、サファイアであればピンクなどの色になったりするのです。つまり不純物がないと透明な石ということです。

産地を知ろう

ルビーを売ろうとしたときに、産地によって買取価格が異なってくるでしょう。それは色やクオリティが異なってくるからです。ミャンマー産は昔から貴族に好まれているほどクオリティが良いです。なので、ミャンマー産のルビーを持っていて売りに出そうと考えているのであれば高く買取って貰えます。また、政府がルビーを掘り出せる山の管理をしているため、市場に出回っている数が少ないのも高値で買取して貰える要因の一つになっているでしょう。さらにブラックライトを当てると綺麗な赤色を発光します。他の産地のルビーにはこのような発光がないのです。また、タイ産のルビーはミャンマー産よりも紫色がかった赤色や黒色がかったものが多く、世界で出回っているルビーの多くがタイ産です。ミャンマーから採れる量に限りがあるので、タイは非常に重要な産出国の一つになっていると言えるでしょう。なので、他にもスリランカ産であれば、ピンク色が強く出るルビーが採掘されています。ルビーを買取に出そうと考えているのであれば、まず産地をチェックしてみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2016 ブーツを買取業者へ|エコにも繋がる手段で気分晴れやかに All Rights Reserved.